ビリケン商会 アントラー その①

ご依頼品。

 

今回の「ビリケン商会 アントラー」は、初代ウルトラマン第7話に登場した人気のある怪獣です。

クライアント様のご希望は、劇中と同じデザインで触角を増やして欲しい(*このキットには、触角は原型から省かれています)との事で、後はお任せです。

全高は23㎝ですが、横幅・奥行きがあり存在感のある大きさのスケールに見えます。

素材は、「ソフビ」製です。

 

まずは、洗浄をし仮組みをします。

 


次にソフビ製にありがちな経年での本体の「ヘタリ」防止と安定性を出すために、腰下にレジンを注入しておきます。

その際、つま先まできっちりと注入するために、キットの足首部分に穴を開け接着後、隙間をラッカーパテで埋めレジンを注入します。

 


台座の加工をしておきます。

 

本体足裏部分に、固定のためビス打ちの穴を開けておきます。

その後、立ち位置を決め台座に穴を開けます。

 


各パーツを全て接着後(*塗装の関係で、ノコギリ型の触手は接着しません)、パーツの隙間・気泡部分をラッカーパテで埋めておきます。