VOLKS  超人バロム・1 ① 

ご依頼品。

 

今回の作品は、1972年4月~11月まで全35話放映された当時子供達に大人気だった「超人バロム・1」です。

バロム・1と言えばこのポーズと言わんばかりのポージングでスケールも1/6の迫力ある原型です。

 

先ずは洗浄から。

(*素材がソフビですので通常であれば湯口等そのままで湯洗するのですが、事前に湯口等カットされていましたので全体にサンディング後念の為剥離剤で洗浄します)

 


下半身のへたれ防止の為にレジンを注入しますので、足首接続部分をカットしてくり抜きブーツを接着し隙間をパテ埋めします。

 


プラ棒を2本カット加工し脚に入れ、レジンを下半身最上部まで注入します。

 


脚が変形して股が開きすぎていましたので、レジン硬化時の熱を利用し脚の開き・ブーツ接地角度を調整して固定します。

 


下半身に上半身を接着し隙間をパテ埋めします。

 


全体を一度仮組みしバランスをチェックします。

 


0 コメント

痛快娯楽劇場 墓場の鬼太郎 ガロ版 完成写真

完成写真を御覧下さい。

 


0 コメント

痛快娯楽劇場 墓場の鬼太郎 ガロ版 ③(最終)

ディテール塗装に入ります。

鬼太郎ヘアー・腕・札パーツを接着し隙間をパテ埋めして画像のように、エナメル・パステル塗料を使用し塗装します。

 


かごを画像のように、エナメル・パステル塗料を使用し塗装します。

 


妖怪腕・札パーツを接着し隙間をパテ埋めして画像のように、エナメル・パステル塗料を使用し塗装します。

 


全札パーツ・本体に穴あけ加工をし、0.55mmのアルミ線を加工し固定後画像のように塗装します。

 


鬼太郎本体とかごを真鍮線で固定接着し台座に固定接着後、妖怪をかごに固定接着します。

(*画像にはありませんが既にかご内底部に妖怪固定時にぐらつき等無いよう、妖怪底部をパテで型取った凹部分を造っています)

最終チェックを行い終了です。

 


0 コメント

痛快娯楽劇場 墓場の鬼太郎 ガロ版 ②

目・札等をグランプリホワイトで塗装します。

 


妖怪・鬼太郎服継ぎ目をグランプリホワイト+サンディブラウンで塗装します。

 


マスキングし、肌をフレッシュ・ちゃんちゃんこをキアライエローで塗装します。

 


マスキングをし、かごをサンディブラウン・かご紐をタンで塗装します。

 


服・ズボンをスカイブルー+ニュートラルグレー、乾燥後ちゃんちゃんこ・台座をフラットブラックで塗装します。

 


ラッカー・エナメル・アクリル塗料を使い、画像のように塗装します。

塗装後フラットクリアーで塗装します。

これで基本塗装は終了です。

次回はディテール塗装に入ります。

 


0 コメント

痛快娯楽劇場 墓場の鬼太郎 ガロ版 ①

ご依頼品。

 

今回のご依頼品は、「痛快娯楽劇場製 墓場の鬼太郎 ガロ版」です。

ガロ版とは、1964年~2002年まで刊行していた「月刊漫画ガロ」のことで、今回の原型は1966年3月号の表紙絵の立体化です。

全高約20cmぐらいですが横幅も約20cmぐらいありますので、ボリューム感と存在感のある作品です。

 

まずは第1洗浄をします。 


全パーツをパーティングライン・バリ・湯口除去後、足付けの為400~600ペーパーでサンディング後、第2洗浄をし削りカス・剥離剤を完全撤去しておきます。

 


塗装の関係上、一部パーツを接着し隙間・気泡等をパテ埋めしておきます。

 


鬼太郎本体の背中・足裏・かご・台座に穴あけ加工をしておきます。

 


パテ埋め箇所をサンディング修正後、全パーツをライトグレーサフで下地塗装します。

 


0 コメント